FLO Cycling – 空気抵抗対重量 – 追跡調査


私たちは1月末にブログ記事を書き、そのタイトルは「大論争空気抵抗対重量」でした。  この記事を書くため、私たちはBest Bike Splitを支える頭脳であるライアン·クーパー氏と共同で、いくつかの非常に人気のある自転車コースに対してホイールの空気抵抗と重量が及ぼす影響のシミュレーションを行いました。 目標は、空気抵抗と重量のどちらがより時間を短縮するかを判断することでした。 ラルプ·デュエズを登った場合を除き、全てのコースで重量のある空気力学的なホイールセットの方が、非常に軽量ながら空気力学的でないホイールセットよりも速かったです。 

その記事を投稿した後、私が回答を試みたいと思った質問がいくつかありました。 それがこちらです。

1. 90/DISCの組み合わせの重量を減らした場合はどうなりますか?
2. FLO 30はエクストリームコースではどうですか?

前回の記事でテストのプロトコルを説明しているため、ここでは繰り返しません。 私たちがどのように結果を得たかについて何かご質問がある場合、第1回の記事である「大論争空気抵抗対重量」をお読み下さい。

パート3では当社の2016年モデルのホイールを取り上げます!

免責事項: 下の一覧のFLO 90/DISC (軽量版) は純粋な仮定上のものです。 FLO 90/DISC (軽量版) の空気力学特性は、当社の標準のFLO 90/DISCと全く同じです。 このことは、当社のFLO 90/DISCと、より軽量かつリムの深いフロントホイールセットまたはディスクホイールセットとの単純比較はできず、下の一覧と同じ結果を得ることを当然のように想定することはできないことを意味しています。 比較対象のホイールセットが当社のFLO 90/DISCよりも空気力学的でない場合、短縮時間は減少します。 記事を読む際にはこのことをご留意下さい。また、軽量かつリムの深いホイールがどれもFLO 90/DISC (軽量版) と同じ結果だと思い込まないようにして下さい。

コース、最新版のホイールセット、自転車走者の詳細を確認してみましょう。 


Ironmanコース

私たちは平坦なコース、起伏のある丘陵のコース、そして長距離の一定した登りのあるコースを選択しました。 丘陵のコースでは重量がより重量となるため、重量の利点を可能な限り最大限にするために丘陵のコースを入れたいと考えました。 選択したIronmanコースはこちらです。 

平坦コース – Ironmanフロリダ
距離: 112マイル
合計標高差: 991フィート

起伏コース – Ironmanコーダリーン
距離: 112マイル
合計標高差: 4,804フィート

長距離クライムコース – Ironmanレイクプラシッド
距離: 112マイル
合計標高差: 4,612フィート

エクストリームコース

私たちは空気抵抗がより重要であると非常に固く信じているため、人々が知る中で屈指の険しい丘陵があることで知られる2つのコースも選択しました。 それがこちらです。 

SavageMan 70
距離: 55.7マイル
合計標高差: 6,717フィート

ラルプ·デュエズ
距離: 8.2マイル
合計標高差: 3,514フィート
平均勾配: 8.1%



ホイールセット



空気力学的なホイール

FLO 30/30: 1,624g
FLO 90/DISC: 2,259g
FLO 90/DISC (軽量版): 1,670g (現実的に可能性のある重量に基づきます)

空気力学的でないホイール
私たちは、重量のみ異なる2つの仮定上の空気力学的でないホイールセットを作成しました。 このホイールが持つ空気力学特性は、Mavic Open Proなどの一般的なトレーニングホイールのものにしました。 

トレーニングホイール (軽量版): 1,100g
トレーニングホイール (重量版): 2,259g

自転車走者

私たちは、大多数の男性の年齢層のアスリートと近似していると思われる自転車走者のシミュレーションを行いました。 これにより、現実的なシミュレーションを行い、当社の読者の最も多い層にとって有用なデータを取り続けることができました。 アスリートのプロフィールはこちらです。 

自転車走者の体重 – 170ポンド
自転車走者のFTP – 250ワット
自転車1 – Cervelo P2
自転車2 – Cervelo S5 (ラルプ·デュエズのシミュレーションでのみ使用)

この自転車走者は75%FTPで全てのコースを走行すると仮定します (ただし、ラルプ·デュエズの場合を除きます) ラルプ·デュエズでは、この自転車走者は100%FTPの力を使います。


結果

Ironmanコース

基準タイムは下記の各Ironmanコースで設定されました。 トレーニングホイール (重量版) のコース完走タイムを基準タイムとして用いました。 その後、その他の全てのホイールセットを基準と比較することで、空気抵抗の改善と重量の減少のどちらが短縮時間に対してより大きな影響を及ぼすかを調べました。  

Ironmanフロリダ
Ironmanフロリダ自転車コース標高
基準タイム
トレーニングホイール (重量版2,259g): コースタイム: 5時間2144

重量のみ改善した場合の短縮時間
トレーニングホイール (軽量版1,100g): コースタイム: 5時間2142
短縮時間2



空気抵抗のみ改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (2,259g): コースタイム: 5時間1255
短縮時間529 = 849


空気抵抗と重量を改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (軽量版1,670g): コースタイム: 5時間1239
短縮時間545 = 95
Ironmanコーダリーン
Ironmanコーダリーン自転車コース標高
基準タイム
トレーニングホイール (重量版2,259g): コースタイム: 6時間136

重量のみ改善した場合の短縮時間
トレーニングホイール (軽量版1,100g): コースタイム: 5時間5954
短縮時間102 = 142



空気抵抗のみ改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (2,259g): コースタイム: 5時間5546
短縮時間350 = 550


空気抵抗と重量を改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (軽量版1,670g): コースタイム: 5時間5457
短縮時間399 = 639


Ironmanレイクプラシッド
Ironmanレイクプラシッド自転車コース標高

基準タイム
トレーニングホイール (重量版2,259g): コースタイム: 6時間011

重量のみ改善した場合の短縮時間
トレーニングホイール (軽量版1,100g): コースタイム: 5時間5839
短縮時間92 = 132


空気抵抗のみ改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (2,259g): コースタイム: 5時間5145
短縮時間506 = 826


空気抵抗と重量を改善した場合の短縮時間

FLO 90/DISC (軽量版1,670g): コースタイム: 5時間510
短縮時間551 = 911


エクストリームコース
上記の通り、FLO 30/30ホイールセットをテスト走行に追加し、いくつかの世界有数の険しい丘陵のコースでどうなるかを調べました。 他のホイールとの比較は以下をご覧下さい。 


SavageMan

ここは世界有数の険しい丘陵のハーフIronmanコースです。 このコースをフルIronmanに換算すると、実質13,434フィートの登りがあります。 Ironmanレイクプラシッドの約3倍険しい丘陵となります!

SavageMan 70自転車コース標高

空気力学的でないホイール
トレーニングホイール (軽量版1,100g): 3時間2043


空気力学的なホイール
FLO 90/DISC (2,259g): 3時間1939

FLO 30ホイールセット
FLO 30/30 (1,624g): 3時間1942


FLO 90/DISCホイールセットが一応勝っていますが、FLO 30/30ホイールセットとは3秒差しかありません。 30mmホイールでこの結果は非常に印象的だと感じています。


ラルプ·デュエズ

前回の記事で、ラルプ·デュエズが重量対空気抵抗の限界点であると紹介しました。 とは言うものの、それが起こるにはラルプ·デュエズである必要がありました。 ご存知ない方のために説明すると、ラルプ·デュエズは世界有数の困難な登りがある場所です。 わずか8.2マイルで3,514フィートの登りになっています。 私たちは、FLO 30をこの登りで走らせたらどうなるのかを調べたいと考えました。 FLO 30の重量の減少と空気力学的な利点の追加によって、1,100gのホイールセットに勝つことはできるのでしょうか?  


注意この登りがどのくらい大きいかを知って頂くため、フルIronmanコーダリーンコースの上に重ねました。 この登りがわずか8.2マイルの間にあることをお忘れなく。Ironmanコーダリーンの登りが完全に小さく見えます。 これを登ることを想像できるでしょうか!
Ironmanコーダリーンの上に重ねられたラルプ·デュエズ
空気力学的でないホイール
トレーニングホイール (軽量版1,100g): 1時間946


空気力学的なホイール
FLO 90/DISC (2,259g): 1時間109

THE WORLD'S FASTEST CARBON FIBER WHEELS.

Looking for high-quality affordable wheels?

SHOP FLO WHEELS